TalkingFM☆レポ~4/13放送分 その3・デート♪

その2の続き…

さて、もう一つ名前の挙がっていた、長崎水族館。
こちらには、ペンギンがいた!

「ペンギンが…今もいますよ」(H)
「今もいるの?」(M)

はい。今は"長崎ペンギン水族館"です。
「名前が今、そういう風になったんだ」(M)

長崎水族館は、1998年に一度閉館。
規模を縮小して、ペンギンに特化した水族館として、2001年に再オープン。
現在は、8種類のペンギンが飼育されています。
しかも、世界一の飼育日数を誇ったキングペンギン"ぎん吉"がいたのもこの水族館。
(1962年4月27日~2002年2月11日の39年9ヶ月15日。現在もこの記録はやぶられていない)

「ペンギンってさぁ…すごいよね」(M)
いきなり(笑)観覧者の方の笑い声も聞こえてきます。
理由は…

太陽が昇らない数ヶ月間、飲まず食わずで皆で集まって寒さをしのいでいるの。
その間、なにをしているかと言うと卵を温めてるの。で、太陽が昇る頃、孵化するんだけど、孵化した子供達に、自分もず~っと立ってて食べていないのに、反芻して、子供達に食べさせるの。
それ位、できた人達なの(観覧者:笑)
まぁ、人じゃないけど、それ位すごいの。

「是非、ペンギン水族館に行ってください」(H)
「まぁ、これコウテイペンギンなんですけどね(笑)コウテイペンギンがいるか分からないけど」(M)

コウテイペンギンなら、南極大陸ですね。
全く日の出ない冬季に、日の沈まない夏季…
残念ながら、コウテイペンギンは現在はいません。
1992年8月までは、1匹だけいましたが…このコウテイペンギン、絵本になっているそうです。
ちなみに、ペンギンが多いのは捕鯨船団がペンギンを持ち帰って来たから。
この辺りからも、長崎と捕鯨の密接な関係が分かりますね。
ペリー提督が開国させた理由も、捕鯨基地を作るためですし。

変わりまして、お次のメールに…

3月に免許を取ったばかりの福岡県のリスナーさんから。
GWに長崎へ行きます!彼女と長崎へ一泊二日の旅行します!
ずばり!デートで行ったらいい場所を教えてください!!

「届いたメールでは、女神大橋がお勧めという方が結構いらっしゃったけどねぇ…どうですか?ドライブデート、最近の長崎では?」(M)
「そうですねぇ。女神大橋もその中に入ってきましたよねぇ。」(H)

女神大橋。
歩道があって、歩いて渡れます。
延長1289m 往復は長かったです!
と平川さん。いや、往復で2.6キロでしょう?
それなら、いつも歩いている距離ですよ。普通、ふつう(笑)
…普通じゃない私が言っても信憑性がないか(笑)

「歩いて渡る場合でも、100円とられるんですか?」(M)
「払うと思います」(H)

どこからか、払わない!
との声が…
間違えちゃいましたねぇ…平川さん。
「付属だって間違えはある!」(M)

誰にでも間違いはあります。
私だって(笑)もう、勘違いや間違いのオンパレード!
そうは見えないそうですが…
長い付き合いの友人と会うと、昔のそういう話をツマミにお酒と料理を楽しむ友人。
別にいいけどさぁ…ドジでノロマな亀だって認めてるから(笑)

女神大橋と、新しくできた一般道で…東長崎(ひがなが)に行く方の道で…

ここのノイズがひどくて、あまり聞き取れなかったのですが…
おそらく、国道34号線のことかと思われます。
日見峠(西の箱根と言われていた場所)の道が奇麗になったと以前、調べた時にありました。

「最近サーファーが長崎に多いって聞いたけど…なんか…」(M)
この辺りもノイズが酷く(;_;)
「サーファー?」(H)
「…平川さんに聞いた俺が間違えだった!  あははははは!」(M)
観覧者の方も大笑い!

今回紹介した情報は、PCのHPにリンクさせていますので、見れる環境の方はご覧下さい。

「これさぁ、全国の方たち、さっぱり分からないよ!」(M)
「そうですよね」(H)
「これFM長崎でON AIRされている特番だよ、これ!まずいなぁ、これ…
もっと広げたい!トークを…CMの前に一曲!」(M)

ここで、ましゃの"HEY!"
が流れました。

曲の途中で、東京に向かった時の長崎と今の長崎はちがいますか?
と、ましゃがシナリオを読み上げました。これは、リスナーさんからの質問でしょうか?
(TalkingFMでは、2番目位からましゃのトークがかぶる様に入ったりします)

違うと言ったら、違いますけど…
そんなに変わってない所もありますよ。

その4では、美味しいお話☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック