魂ラジ☆レポ~4/26放送分 その5・この場合…?

その4の続き…

続いてのメールは…
20代の男性から…
こんマーラ・ダンコーン!
「こんマーラ・ダンコーン

…新しいね」(M)
性愛の国の国王に相談があります。
ついこの間そうだったのですが、彼女とHをしていると、突如としてトイレに行きたくなる事があります。
「ふ~~ん…」(M)
最初は、我慢していても、結局トイレに行くことに…
大事なコトの最中にそんな事になって、情けないです!
女性は、やはりHの最中にトイレに行かれると冷めてしまうものなのでしょうか?
その時の雰囲気を壊さずにトイレに行くには、何と言えば良いのでしょうか?

「事前に済ませておく訳にはいかないんだ」(M)

行かない様にしなきゃ!と思う事がプレッシャーとなってしまい、より行きたくなってしまうかと。
刷り込みで、本屋さんに行くとトイレに行きたくなるのと同じ…

と荘口さん。
なので、トイレに行くことを前提の回答となりました。

本屋さんは別として、私も同じ考えです。

「いかに自然な流れで、雰囲気を壊さずにトイレに行けるかって話…」(M)
「例えば、だって、国王は、Hは俺にとってLIVEと同じっだって話があったじゃないですか…
LIVE中にトイレに行きたくなったら、どうするんですか…?」(S)
「そんな事、ありえないもん!」(M)
「だって、人間なんだから、たまには行きたくなる時ないんですか…?」(S)
「ない!」(M)

一度もない!と断言。
LIVE中、お水を飲むましゃ。汗をたくさんかく、という事もありますが…
本番直前に済ませておく、と言うのもありますが…やはり、精神的な事が大きいかと…
と言うましゃ。

したい、思うとしたくなるから…
「同じで…」(S)
「アレですよ。集中力の問題ですよ」(M)
どうやったら、雰囲気を壊さずにトイレに行くと言う、不自然な事を考えるのではなく、どうやってHに集中出来るかを考えた方が良いと…
その訓練をした方が良い…
「なるほどね…でも、もし、行きたくなったら何と言えばいいですか?」(S)
まだ、引っ張りますか…
「…ちょっと、トイレ…」(M)
荘口さん…そんなに笑わなくても(笑)
「そんなん、だって、言い方ないもん」(M)
で~す~よ~ねぇ~!

まぁ、女性も気持ちが冷めるでしょうね、と荘口さんが言うと
「逆に男の人よりも、女の子の方が言いにくいと思うけど」(M)
「女性は…!」(S)
「『ちょっと、トイレ』って、言いにくいでしょう?女性…」(M)

そんな事があるのかなぁ…という荘口さん。
ましゃは、あると思う…
と言っていましたが、私としては…
ま、あるでしょうねぇ…

としか言えません。

「ま、とにかく、LIVEと同じですよ。すませてからする。」(M)
「後はもうLIVEに集中する」(S)
「そう。『呑んだら乗るな』みたいなモンですよ」(M)
"ひぃ~!"
という笑い声が聞こえてきました!だ~ぁ~れ~ぇ~(笑)
「まぁ、そういうモンかな??」(S)
「そういうモンです」(M)
LIVEは3時間以上になる事も…
その間に1回も行きたくならないのですから…
ましゃは、ぜんぜん大丈夫!と言っています。
そうそう。LIVEに集中するとね、意識しないと行きませんよ。

下手をするとね、朝から晩まで。
それだけの集中力でステージに上がるのですよ。出演者は…
そして、観客も…!

だから、集中!
です!!

ここで…1曲。
『LIVEはSEXと同じ』と言ったので、今日はLIVE Ver.でこの曲。
「あ、そうなんだ」(M)

ましゃの

もっとそばにきて

MAGNUM COLLECTION 1999”Dear”
こちらの2枚目の一番最後に入っております。

で、曲が終りCMに入る前に…
「えぇ~、これ、99年のVer.なんだ。クリスマスの時の。本当…」(M)
「ふぅ~ん、"LIVEはSEXだ!"っていう風にして聞くと、ちょっと違った感じに聞こえてきますね」(S)
「それは、だから、そうやって今気付いたからでしょう?前からそう思ってるから、ナンとも思わない。
LIVE盤って言うのは、AVみたいな(笑)思うんですよ」(M)
「そんな、国王でも知らない、第3の…!」(S)
「まだ、引っ張んの!早くやろうよ!!」(M)
「性の奥義をこの後、発表!!」(S)
「そういえば、早くやろうよ!!!」(M)


では、発表はその6で!(笑)
Dear: Magnum Collection 1999

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック